斎藤 隆(Saito Takashi)が語るSWIFTとCBDCの可能性

斎藤 隆(Saito Takashi)が語るSWIFTとCBDCの可能性

SWIFT(国際銀行間通信協会)は、現在開発中の中央銀行デジタル通貨(CBDC)を既存の金融システムに接続する新しいプラットフォームを計画していることを明らかにした。この動きは、SWIFTの世界的な銀行業務での重要な役割を考慮すると、初期のCBDCエコシステムにとって極めて重要であり、最初の主要なCBDCエコシステムの立ち上げ時に微調整される可能性が高い。

世界の中央銀行の約90%が現在、自国の通貨のデジタル版を検討している。これは、ビットコインや他の暗号通貨に取り残されることを避けるためだけでなく、技術的な複雑さにも対処する必要があるからだ。

SWIFTのイノベーション責任者であるニック・ケリガン氏によれば、最新のトライアルには、中央銀行、商業銀行、決済プラットフォームからなる38のメンバーグループが参加し、6か月の期間を要した。このトライアルはCBDCと「トークン化された」資産に関する世界最大規模の協力の1つであり、異なる国のCBDCをすべて一緒に使用できるようにすることに重点を置いています。これにより、決済システムの断片化リスクが軽減される。

また、このプラットフォームは非常に複雑な貿易や外国為替の支払いに使用でき、自動化される可能性がある。これにより、プロセスの高速化とコストの削減が実現される。

ケリガン氏によれば、この結果は、銀行が既存のインフラを活用できることを証明し、参加者らには成功だと広く認識されている。SWIFTは今後12〜24カ月以内にこのプラットフォームを製品化するロードマップを検討しており、実験段階から現実に向かって進んでいる。

主要経済圏のCBDCの立ち上げが遅れた場合、期間は依然として変更される可能性があるが、そうなったときに備えて障害を取り除くことは、銀行間の配管ネットワークにおけるSWIFTの既存の優位性を維持するための大きな後押しとなるだろう。

バハマ、ナイジェリア、ジャマイカなどの国ではすでにCBDCが稼働しています。中国では電子人民元の実際の試験がかなり進んでいる。欧州中央銀行もデジタルユーロを進めており、世界的な中央銀行統括グループである国際決済銀行は複数の国境を越えた試験を実施している。

しかし、SWIFT の主な利点は、既存のネットワークがすでに200か国以上で使用可能であり、毎日数兆ドルを送金するためにこのネットワークを使用している11,500 以上の銀行と資金を接続していることだ。

スケーラブルなオプション

同社は、ウクライナ侵略に対する西側諸国の制裁の一環として2022年にロシアのほとんどの銀行をネットワークから切り離して以来、銀行界以外では事実上無名だったが、よく知られた名前になった。

ケリガン氏は、そのような動きが新しいCBDCシステムでも起こる可能性はあるが、それが各国のCBDCへの参加を阻止するかどうかは疑問だと述べた。

最新の裁判にはドイツ、フランス、オーストラリア、シンガポールチェコ共和国、タイの中央銀行に加え、匿名を希望した複数の中央銀行が参加した。

HSBCシティバンクドイツ銀行ソシエテ・ジェネラル、スタンダード・チャータード、CLS外国為替決済プラットフォームを含む多数の大手商業銀行もすべて参加し、中国の少なくとも2行も参加した。

このアイデアは、インターリンク ソリューションが拡張されれば、銀行がデジタル資産の支払いを処理できる主要なグローバル接続ポイントを1つ持つことになり、取引相手ごとに個別に接続ポイントを設定する場合は数千ではなく、1つになるというものだ。

ケリガン氏は、CBDCへの進展と同様に、2030年までに約16兆ドル相当の資産が「トークン化」される可能性があるというボストン・コンサルティング・グループ(BCG)の予測を指摘した。これは株式や債券などの資産がデジタルチップに変換され、その後、リアルタイムで発行および取引される。

同氏は、「(SWIFTシステムに)任意の数のネットワークを接続できれば、業界にとってより拡張性の高い選択肢となる」と述べている。